Page: 1/1   
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - | pookmark |
ニキビの根本治療は体の中から作用させるというもの
根本的なニキビ治療に対するアプローチは、服用薬を処方してもらい体の中から作用させるというのも、白ニキビ(コメド)がひどい炎症性のニキビになるのを予防する効果的な方法です。ニキビ治療に熱心な皮膚科医の治療であれば、医師向けに販売されている薬剤が該当します。当然保険診療となりますので、レチノイン酸やAHAに比較して治療費が安くすみます。

皮脂が多い人は、男竹ホルモンの影響が強いとよくいわれています。女性の場合でも若い頃には、男性ホルモンが多くでている人がいます。治療には、まず犬きく分けて三つのアプローチを行います。

1)皮脂を減少させる
2)炎症の原因物質を抑制する
3)雑菌が入って化膿するのを防止する

◆皮脂を滅らす治療
『メサルモンーF』という薬がよく使われているという。「うぶ毛が濃い女作などには、効果が」LがるようですLと堀越院長は話す。

◆ニキビが炎症を起こす原因となる皮脂の分解を抑制する
皮脂が分解されると、それが毛包を刺激することになります。それによって炎症がひきおこされます。抗生物質は通常細菌に効果を発揮するとされているが、この場合使用されるミノサイクリンという抗生物質は目的が少々異なります。ミノサイクリンにはこの皮脂が分解するのを抑制する作用があります。

◆雑菌によってニキビが化膿するのを防ぐ
炎症がひどくなったニキビ治療の場合には外側から手がだしにくいので、化膿を防ぐためにも体の内部から効果を発揮する服用薬のメリットが大きいといいます。

この治療には化膿の元凶になりやすいブドウ球菌によく作用するマクロライドというタイプの抗生物質が有効です。

いずれの治療薬も、白ニキビ(コメド)が炎症を引き起こす過程や、炎症性の赤ニキビが化膿してさらに悪化するを予防してくれるます。このような服用する薬と塗って治療するレチノイン酸やAHAとを併用すれば、ニキビの原因を元から治療することができるようになりました。これで再発するニキビとも完全に.手をきることができるでしょう。

以下サイトも参考に
HomePage作成日記
アトピっ子日記
猫大好き
かぼちゃ頭の逆襲
愛が足りない子
情報商材レビュー
メタボリック症候群男
お魚日記
身体ピッカピカ
水のブログ

いつも前向き
健康が一番
健康情報
美しくなるために
あたらしもの好き
健康ブログ
お役立ちリンクでプラセンタ関連のものをいろいろ集めてみました。
シワ、シミ、ニキビへのプラセンタの効果
プラセンタの美容、シミ、ニキビへの効果
プラセンタの効果

JUGEMテーマ:スキンケア

| biyo163 | 10:15 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ニキビに漢方も使えます
ニキビの治療にはそのタイプ別に薬を選ぷ必要があります。ただやみくもに使っていると効果がないばかりか逆効果になる場合もありますので注意が必要です。

にきぴのタイプには、大きく分けて2種類あります。体力のある人にみられる場合が多く、先がとがって赤くなり、先端にうみをもつものです。それと反対に体力のない人にできやすいというのが平べったくて多少紫がかった赤色をしており、うみは少ないものです。

あなたのニキビのタイプはどちらでしょうか?2つのタイプででちらかを基準にして漢方薬を選びます。ニキビの治療は、漢方薬では最も得意といわれる分野にあたります。

漢方を使った治療では、あなたのニキビ以外にもニキビに伴ってあらわれる全身症状、例えば顔のほてりやのぽせ、便秘、月経不順、月経困難症などが同時に改善していく効果も期待できます。また、おでき、面ちょうの治療もニキビの治療と同様に行われます。

【治療例】
半年以上もニキビの悩みを抱えていた学生のA子さんの例を紹介いたします。

A子さんの場合は、ニキビが顔だけでなく肩や背中、乳房にまで広がって悩んでいました。A子さんのニキビは先がとがって赤くなり、先端にうみをもつ赤ニキビでしたので、それに最も適した清上防風湯(せいじょうぼうふうとう)を処方して服用してもらいました。その結果、だんだんと症状も改善してきて、約半年後にはきれいにニキビが治りました。

その他の漢方薬として十味敗毒湯、大柴胡湯(だいさいことう)、小柴胡湯、温清飲(うんせいいん)などもあります。自覚症状にあわせて選択できます。詳しくは漢方をあつかう治療院とがでご相談ください。

いろいろ薬をためしてみたがうまくいかなかったという方は、こういう漢方薬をためしてみてはいかがでしょうか?

こちらのサイトも参考に

飛騨日記
ウナギパイが好き
満腹ブログ
黒豚日記
京都日記
見栄っ張り日記
清盛日記
探し物日記
阿蘇山日記
六甲日記

駿府城日記
私の日記
ザリガニ日記
北の日記
定年後を楽しもう
社畜のブログ
卵料理大好き
ラーメン大好き
の日記
kosumo8の日記
ビジネス・金融・株・アフィリエイト・その他
学習塾・教室の経営〜コンサルタントなしで可能な経営ノウハウ
アフィリエイトの基礎講座
インターネット株式・株取引の基本知識
キャッシングの基礎知識
保険の解説、保険の全て
FXの基礎知識



| biyo163 | 10:03 | - | trackbacks(0) | pookmark |
ニキビ治療にビタミンCが効く
ニキビは自分で治すという人もいます。
いつも皮膚科で治療してもらうという人もいます。

どちらも決してあやまりではありませんが、ここはニキビの知識を増やして、どいうすれば予防できるかということも考えてみましょうね。

今回もニキビネタでいきます。
ニキビの治療も最新の技術で非常に進歩しています。
ビタミンCはもともと美容と健康に効能があるとよく知られていますので愛用されている方も多いでしょう。

ビタミンCは実際ニキビの治療でめざましい効果をあげています。

ビタミンCは通常は栄養補助食品(サプリメント)として毎日美容、健康のためとして摂取している人も多く、口から補給することが一般的です。

しかし、この方法だと残念ながらビタミンCが皮膚までなかなか到達しないといいますか、他の体内でも消耗されてしまってスキンケアで実感できる効果まで期待できません。

経口で効果をあげようとすれば桁外れの量のビタミンCをとらなければなりません。

そこで直接皮膚から吸収させるのがいちばん効果が期待できるのですが、これまでビタミンCは肌からほとんど吸収されないという欠点がありました。

そこでいろいろ考えられて開発されたのが、リン酸と結合させてリン酸誘導体の形にすると、皮膚への吸収が数百倍に向上して、より効率的にビタミンCを取り入れられることが可能となりました。

ビタミンCがニキビに効果があるだけでなく、美白効果、シミやシワの改善、毛穴を引き締める、キメ細かい肌へ回復させるなどまだ他にもあります。

メガビタミン主義で著名な三石巌博士によるとビタミンCの効能には数多くあるといいます。

1)公害に強くなる。
2)ストレスに強くなる。
3)アレルギーに強くなる。
4)ガンになりにくい。
5)脳卒中をおこしにくい。
6)肝炎になりにくい。
7)腎臓が守られる。
8)ムチウチ症がなおる。
9)ギックリ腰になりにくい。
10)風邪をひきにくい。
11)風邪が早くなおる。
12)傷のたおりが早い。
13)骨折しにくい
14)火傷が早くなおる。
15)肺炎をおこしにくい。
16)百日ぜきに強くなる。
17)赤痢にかかりにくい。
18)ヘルペスに強くなる。
19)老化がおくれる。
20)知能指数があがる。
21)白内障になりにくい。
22)緑内障になりにくい。
23)角膜が守られる。
24)網膜剥離がおきにくい。
25)関節炎に強くなる。
26)リューマチが軽くなる。
27)妊娠しやすくなる。
28)流産しにくくなる。
29)結石ができにくい。
30)低血糖症が軽くなる。
31)血中コレステ日ールがさがる。
32)血中中性脂肪値がさがる。
33)あせもがなおる。
34)タバコの害を防ぐ。
35)精神分裂病が軽くなる。
36)糖尿病が改善する。

上記に加えニキビの治療と美白効果、シミやシワの改善、毛穴を引き締める、キメ細かい肌へ回復させる等ビタミンCは優れものです。

これを見たら、あなたもすぐにでも多量のビタミンCを摂りたくなりませんか?
ただスキンケアにはビタミンCを直接皮膚に働かせる必要があることをお忘れなく。

次回はもう少しビタミンCの働くメカニズムについて説明しますね。
リンク6【性病】
お役立ちリンクで【性病・性感染症・STD】のものをいろいろ集めてみました。これからも少しずつ増やしていきます。

クラミジア、性病予防、治療、対策について
クラミジア・性病・淋病・エイズ検査
クラミジア,性病の症状、検査、治療



| biyo163 | 09:57 | - | trackbacks(0) | pookmark |

Calendar

  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

Sponsored Links

Profile

お役立ちリンク

お役だち情報紹介します。

Search

Entry

Trackback

Archives

Category

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode